最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

ニシ仲上原下庫理の親戚で食事会

  1. 2008/03/31(月) 00:00:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今日小禄の「だいこんの花」でニシ仲上原下庫理の親戚で食事会をした。
甥・姪が大学進学と孫の1年入学を祝しての食事会でした。
司会は弟が勤め、豊見城、糸満、西原、東風平、首里の親戚の近況報告会もおこなっ
た。
有意義であった。食事もおいしかった。
1〜2年に一度は実施することにした。
父存命のころから行っていたが、そのころは、いまだ姪・甥で結婚しているのがいな
かったが、今日は二人の姪のだんなも出席した。
アメリカ人もいて世界も狭くなったなーと感慨深い食事会であった。
今日は母が食事を「てぃでーてぃ」くれた。ありがたい。母に感謝。
ただ残念だったのは息子夫婦と孫一人が参加してないこと、であった。

agijima_山南陸人ぶろぐLISTポ

  1. 2008/03/30(日) 23:39:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
mykit_agijima_山南ぶろぐにagijima_山南陸人ぶろぐLISTポップアップウィンドウを
設置した。

不思議なこと2_破壊者と救済

  1. 2008/03/20(木) 01:30:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
戦争を引き起こし散々くんざん痛めつける国家が、一方では散々くんざんやっつけた
国へ赴き慈善活動を施し救済する。
大企業を中心としたとても「偉い人たちが」自社の利益追求のため散々くんざん自然
を破壊しながら、責任をあたかも小市民にあるかのように扇動し、その破壊された自
然回復を小市民に押し付けていえる。
ーーー
市民の代表者である国会議員の総意により我々は豊かな生活を追求していると思って
いた。しかし議員先生方は官僚のいいなりである。
我々は官僚を選任してない。選任してない官僚に我々は支配されている。官僚は嘘を
平気でつく。我々が選任した議員先生は官僚を諌めるどころかいいなりになって官僚
の代弁をして小市民を欺いている。なんともはや訳のわからないご時世になったもの
だ。
ーーー
どうしてこのようなわけの分からない世の中になったのだろう。
ーーー
便利さを売り物にし、「あなたにとっても便利になりますよ」「都合よくなります
よ」と小市民の「欲望」につけこみ、今まで集金員を雇いその集金員に給料を払って
集金させていたが、銀行振込なる「便利」なる制度を設け、集金員を解雇し、人件費
を抑制したと嘯いている。さらには、今度は「電子マネー」なる便利性をちらつか
せ、レジに努める人を職から追放しようとしている。
ーーーー
われわれは、何かにに確かに洗脳されている。
ーーー
どこへ行けばいいのだろう。どのように生きてゆけばよいのだろう。なんとも訳のわ
からないご時世になったものだと最近思う。
ーーー
「むぬくぃしどぅ 我がおしゅー」という言葉が最近自然に受け入れられる思想だと
考えるようになった。
願わくは、破壊者の追従役の偽善的な救済者ではなく我々小市民にとっての本当の
「おしゅー」の出現あらんことを。
これならば支配されてもよいという究極の救済者が出現してほしい。どうせこの世の
中は支配するものとし配されるものとから構成されているのであるから。
ーーー

「へんざまー」って何だ

  1. 2008/03/14(金) 22:54:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「へんざまー」とは高嶺村(現糸満市)字大里の言葉で肩車のこと。
肩車は地域によって言い方が違うようである。たかっちゅ、まーすーろーろ、等があ
る。
あなたのところでは何といっている?
ーーー
おいしいは「まーはん」。大抵のところは「まーさん」という。
ーーー
犬は「いんぐゎー」子犬は「いんぐゎーぐゎー」という。なんとも変な言い方だ。
ーーー
懲らしめる意味で「くるせー」と普通は言うが、我が大里では「たっくるすは」
「たっくらはりんどー」という。
「しなさりんどー」を「ひなはりんどー」というのは大里。
ーーー
返事の「はい」の悪い言い方は「いー」「ひぃー」、許容されるのは「おー」
「うー」である。皆さんのところではどでしょう。
ーーー

メリケン粉って知っている?

  1. 2008/03/12(水) 00:03:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
とある店に入った。店員に「メリケン粉ください」と小生がいったら、件の店員「メ
リケン粉って何?」といった。
小生は「メリケン粉」を「メリケン粉」以外の言い方を思い浮かばなかった。あたり
をきょろきょ見回し、近くの棚にこれがあったので、「あった」と叫んで見つけたも
のを手渡した。
「小麦粉ですね」という。小生「そうです。そうです」といった。「メリケン粉」は
誰も知っているものと思っていた。
しかし、知らない人がいた。件の店員は「やまとぅ」であった。「うちなーんちゅ」
の小生は「小麦粉を思い浮かべることができなかった。
なんともみっともない経験をしたものだ。

DTIブログって?

次のページ